投資

【コロナショック】投資を始めるタイミングは本当に今がオススメ?

2020-03-14

コロナショック

 

※新型コロナに感染してしまった方やご家族、関係者の方に、この問題が一刻も早く対策され解消されることを心よりお見舞い申し上げます。

 

 

新型コロナの影響で仕事も休みになって生活が…

将来のことも考えて投資の勉強しようかな?

けどテレビで株が下がってるっていうし、いつ始めればいいんだろう?

 

このような悩みにお答えします。

 

結論からいうと投資にベストなタイミングはありません。

ですが本記事では今が買い時であることを解説しています。

 

今回は初心者向けにざっくりとお答えしていきます。

 

わやの資産情報

  • 現金(預金):40%
  • 米国高配当株:40%
  • 投資信託、金:20%

 

投資を初めてまだ期間も短いですが、その分投資未経験者と同じ悩みや気持ちを持っています。

 

投資初心者が投資を始める1歩を踏み出せない1番の理由は『損をしたらどうしよう』です。

 

ですが投資に踏み込めず銀行に寝かしておくと、資産価値が下がっていく可能性が…。

 

本記事の内容

  • 投資を始めるタイミング
  • 投資を始めないと資産価値が下がる
  • 何を買えばいいのか

 

以上の3点を解説していきます。

 

ちなみに株を買うのが難しそうだなとお悩みの方…

 

株を買うには以下の3点ができれば誰でも購入できます。

 

ポイント

  1. 買いたい株(投資信託など)を選ぶ
  2. 買いたい株数を入力する
  3. 買いたい株の金額を入金する(一部クレカやポイント支払い可)

 

たったこれだけで購入できます。

 

ちなみに銀行などで勧められる投資信託は…おすすめできません。

 

銀行や証券会社は会社員なので、投資家の相談に親身に乗りますが紹介されるのは全てぼったくり手数料の投資信託ですのでご注意ください。

 

【投資初心者は注意】失敗しないためにネット証券を利用するべき理由の記事で詳しく解説しています。

 

口座開設を考えているのであれば、ネット証券1択になります。

僕は画面も分かりやすい楽天証券を利用しています!

 

楽天証券口座開設
【おすすめ】楽天証券の口座開設はたったの5分!【楽天経済圏】

続きを見る

 

投資を始めるタイミング

投資を始める

 

投資を始めるタイミングはベストな答えがありません。

 

未来が見えるのであればベストなタイミング(1番高い、1番安い)が分かりますがそうはいきません。

 

じゃあやっぱり投資しない方がいいの?

 

いえ、ベストなタイミングは誰にも分からないというだけで今投資を始めるのはかなりおすすめです。

 

本記事で後述する投資法では、長期的に積み立てて行くことで高値と安値を平均的にならしていく買い方になります。

 

誰がみても分かるくらいに現在(2020年3月)の株価は下落しています。

 

底値は分かりませんが、少なくとも僕達のようにコロナショックより前に積み立てていた人達よりは儲かります。

 

なぜなら現在が安値なので、始まりの段階が違うからです。

 

もし今まで投資した金額が手元に戻るなら今から全部使いたいくらい安いです

 

重要なので再度お伝えしますが、今は投資を始めるにはおすすめのタイミングですが、ベストなタイミングかと聞かれればそれは誰にも分かりません。

 

過去の指標を勉強して傾向をみることもできますが、本ブログでは長期的に保有して配当金や経済の発展などにより、株価がゆっくり上がるのを見守るスタンスで投資することを強く勧めます。

 

2020年6月現在

本記事を投稿した3月14日以降、3月23日前後が株式市場の底値となりました。6月現在は株価がかなり回復していますが、「まだ買い時」と捉えるか「もう1度下がる」と捉えるかの判断は難しいところです。

 

コロナショックより1ヶ月前

 

ここでは日経平均株価を例にします。

 

2020年2月中旬には24,000円近くだった株価が月末に21,000円まで下がりました。

 

ここまではまだそこまで焦る人も少なかったのではないでしょうか。僕自身も少し下がった株価に喜びながら追加で株を買っていた記憶があります。

 

では本格的に世間にコロナショックが認知され始めた現在(2020年3月14日)の日経平均株価はというとこちらです。

 

日経平均株価

 

16,000円台までたった2週間で落ちると誰が予測できたでしょうか。

 

よく分からないけど急降下してるね…

 

個人投資家の現状

 

先見の明がある人は予測できたのかもしれません、凄腕トレーダーなどは早くに損切りを行ったかもしれません。

 

日々の売買で生計をたてているレベルで見切りをつけれた人もいるとは思いますが、僕のような初心者投資家は大打撃です。

 

ちなみに僕の資産状況はこちらです。

 

  • 米国株→▲30%
  • 金など→▲15%

 

金額で言えばうまい棒が9万本買えるくらい下がりました…。

 

投資スタイルによって考え方が変わります。

僕は購入した株を売らず、配当金を目当てに生活していくので暴落自体は気にしていません。

 

けどこんなに下がるとは思ってなかったからドキドキはしたかな。

 

投資を始めないと資産価値が下がる?

お金の価値が下がる

 

投資を始めないと資産価値が下がる一方です。

 

銀行に預けてればお金は減らないよ?

 

誰しもがそう考えるはずです、僕も以前は同じように考えていましたし通帳の預金が増えてくのが嬉しいタイプでした。

 

では資産価値が下がるとは一体どういう意味か、その答えはインフレです。

 

おそらく学生の頃に授業で習っているので言葉は覚えているという人が多いと思います。

 

僕はすっかり忘れていました…。

 

インフレとは物価が上がることを意味します。昔100円で買えた缶ジュースが今は130円します。

 

量は同じだけど購入に必要な金額が上がる

 

ポテトチップスなどは金額を変えずに内包量を少なくしたりして実質の値上げをしていることが多いです。

 

購入に必要な金額は変わらないけど量が少なくなる

 

インフレとは

  1. 景気がよくなる
  2. 給料が上がり消費が増える
  3. 物価が上がる(お金の価値が下がる)

 

景気が良くなることは良いのですが、物価が上がるとお金の価値が下がります。

 

昨日まで100円で買えたジュースが200円になって買えなくなると、これは物の価値が上がったと見ることができますし、お金の価値が下がったと見ることもできます。

 

日本は先進国の中でもデフレが続く珍しい国ですが、デフレ脱却のために色々な対策がされてます。

 

つまりいつかお金の価値が下がるということにつながります

 

可能性の話ではありますが、あなたの大事な資産を現金だけで保有しておくのはそれだけリスクがあるということになります。

 

もちろん投資は自己責任なので、下がってしまうリスクが怖くて始められないという気持ちも分かります。

 

ですが老後2000万円問題なども浮上した今、国が助けてくれるかも分からないので、自身や家族の将来を考えて投資を始めるのは1つの答えだと思います。

 

今から投資を始めるべき人の特徴

選ばれた人

 

今から投資を始めるべき人の特徴を紹介します。

 

投資を始めた方が良いとは言いますが、現状の生活が1番大事なので条件があります。

 

投資を始める条件

毎月の生活余剰金から投資を始めることができる。(生活に必要なお金を別で用意できている)

 

投資と聞くとappleやディズニーの株を何十万と買うイメージが強いかもしれませんが、今回紹介するのは毎月数千円〜投資することができる方法です。

 

さらに楽天証券を利用していれば楽天ポイントで投資することもできます!

 

株は3分で買える
【株の買い方】楽天証券なら口座開設後3分で買える【初心者向け】

続きを見る

 

長期的に証券を積み立てできる人

 

僕が紹介する投資方法は、インデックス投資(投資信託)といいます。

 

インデックス投資とは

  • 日経平均やTOPIX、S&P500などの株価指数(インデックス)と連動する動きを目指す投資方法

 

 

投資信託とは1社の個別株を買うのではなく、日本経済、米国経済全体を買うイメージとなります。

 

ですのでまず会社が倒産したから証券が紙切れになる…などはありませんのでご安心ください。

 

インデックス投資は投資信託を長期的に保有することが推奨される投資スタイルになります

 

投資の神様と言われるウォーレン・バフェット氏も推奨している鉄板の投資方法になります。

なんとバフェット氏は妻に対して自身の死後『資産の90%をS&P500に投資せよ』と伝えていたそうです!

 

それほど信頼できる優秀な投資方法というわけですね!

 

すぐに利益が出るトレーダーのようなことをするわけでもなく、1度投資したらあとは何十年と放置する投資スタイルですので、毎月コツコツと積立できるキャッシュが必要になります。

 

そして長期的に複利の力も活かしながら何十年後かに利益を得ることになりますので、それまでの生活で必要なお金を投入してしまうことはおすすめできません。

 

そういった理由から、毎月の生活余剰金を長期的に積立できる人にこそ投資をおすすめしたいです。

 

投資を始めるのにいくら必要か

 

インデックス投資は数千円〜始めることができるのが重要です。

 

基本的に国内の個別株は100株単位で購入になりますので、資金がそれなりに必要です。

 

(SBIネオモバイル証券のみ1株単位で購入可能)

 

ですが投資信託では株を買いたい人達が集まってみんなで購入するので、自身が出せる金額だけで大丈夫です。

 

金額分の株を買うことができるイメージです

 

先ほども話しましたが、楽天証券で投資信託を購入すれば楽天ポイントでの支払いができるので、試しに練習として利用してみるのも良いと思います!

 

もし今よりも下がってしまったら

 

下がってしまっても焦らず保有し、積立し続けましょう

 

投資はどうしても元本割れのリスクが生じます。

それが投資家全ての不安ですが、インデックス投資ならその不安も減少できます。

 

日経平均株価

(日経平均株価)日本経済新聞より引用

 

このように長期的に見ればずっと右肩上がりとなっています。

 

もちろんそれも未来は分かりませんが、どうしても損をするタインミングで下さなければ…とならないように生活余剰金を利用することが投資で1番重要です。

 

投資を始めるなら何を買えばいいのか

ポートフォリオ

 

投資を始めるなら初心者は投資信託を買っておけば間違い無しです。

 

種類がたくさんありますが、積立するなら楽天・全米株式インデックス・ファンドをおすすめします。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド

  • 管理費用(信託報酬含む)0,162%
  • 買付手数料なし

2020年3月現在

 

積立NISAで毎月積立を設定すると毎月同じ金額で買えるだけの口数を自動で購入してくれます。

 

株価が下がっている場合は多くの株数を購入、上がっている場合は少ない株数となりますので、平均すると利益が出る買い方となります。

 

積立NISAなら年間40万円までは非課税なので、そちらもうまく利用していきたいですね!

 

慣れてきたら他にも…といきたいところですが、投資初心者が1番陥りやすいのが銘柄を買いすぎることです。

 

色々と調べて新しいものを買いたくなる気持ちは分かりますが、インデックス投資では複利の力が大きく作用するので色々買うのはおすすめできません。

 

もし色々と買ってみたいのであれば投資信託ではなく個別株だったり債券だったりと、資産を分配するのは良いかもしれませんね。

 

投資を始めるタイミングは今がおすすめなので生活余剰金から始めるべき:まとめ

まとめに使う画像

 

投資を始めるタイミングとしてベストかは誰にも分かりません。

 

ですが少なくとも今は株価がかなりお買い得な金額となっているので、小額から投資信託を初めてみるのはどうでしょうか。

 

楽天を利用しているのであれば楽天証券を開設すれば楽天ポイントで投資信託を購入することもできます。

 

さらに楽天証券を開設して楽天銀行と連携することもかなりお得なのでおすすめです。

 

連携してからメガバンクに預けてるお金を楽天銀行にうつすだけで、金利が100倍になっちゃいます!

 

マネーブリッジ
【楽天銀行】マネーブリッジのメリット、デメリット【知らなきゃ損】

続きを見る

 

楽天証券以外であればSBI証券がおすすめです。こちらは口座開設数で言えば楽天証券よりも多いです。

 

ですが僕は楽天経済圏を利用しているので、楽天証券を推します

 

 

-投資
-

© 2019 今日はじブログ